Works Bell
Top News Products Company How to buy FAQ Information
Products 製品のご紹介
本社 Head Office
設備・工場 Factory
商標・意匠 Trademark
会社史 History
個人情報の取扱 Privacy policy
会社史 History
ワークスベル会社史 up
1950年 東京都目黒区五本木に「宮下製作所」として工場創業開始。
1966年 宮下工業株式会社に組織変更。
セイコー舎、シチズン時計、スイス向け金属時計バンドの製造を開始。
1969年 オリエンタル計器株式会社にモモ専用、ナルディ専用のボスそれぞれをアルミニウム削り出し、黒チヂミ塗装で製造し販売を始める。
株式会社タカマコンペティションプロダクトにチェックマンブランドとして販売を始める。
ワークスベル会社史 up
1971年 ダイカスト製のボスを製造開始。
モモオフィシャル用として株式会社レアーズに採用される。
1977年 モモ、ナルディ共用12穴、変換ホーンリング方式による特許を出願、同製品の製造を始める。
1979年 ボスの外側にカバーを採用し意匠登録される。
ワークスベル会社史 up
1980年 ボスカバーのカラーカバーを車内色に合わせた7色を発売開始。
1983年 モモ、ナルディ共用12穴、変換ホーンリング方式ボスの実用新案出願公告。
株式会社ワークスベル設立。
1985年 長野県茅野市に長野工場開設。
マツダRX−7用鍛造ボス製造開始。
四輪駆動車ショップ、リンエイ長野開店。
1986年 マルチホルダー製造開始。
1988年 オートクルーズ用ホーンボタン製造開始。
長野県茅野市にボス専用工場を開設。
株式会社ケースタッフと取引開始。
1989年 株式会社ワークスベル創業開始。
ワークスベル会社史 up
1991年 株式会社オートバックスセブンにレジットボスとして採用される。
1993年 鍛造ホイールスペーサー製造開始。
長野県茅野市のボス専用工場の増設。
パッドタイプステアリング用オートクルーズスイッチキット製造開始。
1994年 東京都世田谷区野沢に本社移転。
日本四輪駆動協会主催JFWDA戦にてNクラス2位入賞。
弊社本社内にショップズィーク開設。
1996年 東京国際見本市協会主催 TOKYO INTER NATIONAL RV SHOW '96にてRV大賞グランプリを受賞。
日本四輪駆動協会主催JFWDA戦にてXクラス総合優勝。
1997年 ナルディ用として株式会社エフイーティーに採用される。
1998年 世界最大のキャンピングメーカー「ニューウェル」の日本総代理店として取り扱いを始める。
ステアリングボスの「車検対応品」として運輸省に申請。受理される。
1999年 本社小売事業部をショップベルテックに改名。
ワークスベル会社史 up
2001年
5月: 「ボールロックシステム ラフィックス」発売。
2002年
6月: 「ボールロックシステム ラフィックス」にカラーモデルを追加。
10月: 代表取締役社長 宮下重人が会長に就任。
取締役専務 宮下雅人が代表取締役社長に就任。
11月: 東京本社と長野工場の業務を統合。
2003年
3月: 「ボールロックシステム ラフィックス」のオプションパーツとして「ラフィックス キーロックシステム」を発売。
4月: 東京都世田谷区下馬に本社を移転。
長野県茅野市にショップベルテックを移転。
2004年
8月: 「ボールロックシステムラフィックス」「ラフィックスキーロックシステム」が「日刊自動車新聞用品大賞2004 機能用品部門賞」を受賞。
ショップベルテックを「ワークスベルマネージメントショップ」としてリニューアルオープン。
2005年
3月: ナイトペイジャー(有限会社京浜精密製作所)と業務提携を行う。
4月: 有限会社マーテルと業務提携を行う。
6月: ナイトペイジャーと共同開発第一弾商品「パドルシフターキット」を発売 。
7月: 有限会社マーテルと共同開発第一弾商品「スーパーパドルシフト」を発売。
2006年
4月: ナイトペイジャーとの共同開発第二弾商品「ボールロックシステムラフィックスGTC」を発売。
5月:

SEMA入会

ワークスベル会社史 up