Works Bell
Top News Products Company How to buy FAQ Information
Products 製品のご紹介
製品について
ボスに関する内容 up
Q : 自分の車の適合品番は?
A : お問合せフォームよりお問合せください。
Q : エアバックのついたステアリングでも交換できるの?
A : 交換できます。弊社のエアバック用ステアリングボスキットには、エアバック用のダミーハーネスを添付しています。ダミーハーネスを使用すれば、エアバック警告灯を消灯することができます。(一部の車両でエアバック警告灯が消灯しない車両があります。)
Q : ステアリングを交換しても車検は大丈夫なの?
A : ステアリングボスはかじ取り装置に含まれ、重要保安部品になっています。弊社のステアリングボスは車検基準に沿った製品ですので、車検対応です。ステアリングホイールについてはステアリングホイールメーカーにお問合せください。
Q : 同じ車種でボスの使い回しができるの?
A : 同じ車種で、年式、車両型式、装備が全く同じ車両であれば装着は可能です。年式、車両型式、装備が1つでも違う車両は形状が違う可能性があります。よって適合品番も変わる場合があります。(一部の車両で年式、車両型式、装備が全く同じでも形状が違う車両があります。その場合、現車の形状確認が必要です。)
Q : 装着後まったくホーンが鳴らないのはなぜ?
A : ホーンコンタクトプレート(真鍮板)タイプの車両の場合、車両側の寸法のズレによりホーンがならない車両もございます。対策部品をご用意しておりますので、購入されたお店さまにご相談ください。(一部の車両で、対策部品が使用できません。その場合は装着を中止してください。)カプラータイプの車両の場合、ホーンのヒューズ切れ、配線の断線の可能性があります。専門の業者様(販売店、ディーラー)にご相談ください。
Q : エアバックのついたステアリングでも交換できるの?
A : 交換できます。弊社のエアバック用ステアリングボスキットには、エアバック用のダミーハーネスを添付しています。ダミーハーネスを使用すれば、エアバック警告灯を消灯することができます。(一部の車両でエアバック警告灯が消灯しない車両があります。)
Q : 装着後しばらくしてホーンが鳴らなくなった。故障なの?
A : ホーンのヒューズ切れ、配線の断線などの破損の可能性があります。専門の業者様(販売店、ディーラー)にご相談ください。
Q : 適合にない車種のステアリングボスが欲しいのですが、どうしたらよいでしょうか?
A : 特注でステアリングボスを製作いたします。詳しくはこちらから。
Q : 装着後まったくエアバック警告灯が消灯しないのはなぜ?
A : 以下の内容にて確認作業を行ってください。
【手差しのダミーハーネスの場合】
1. 純正ステアリングに戻して警告灯が消灯することを確認してください。(消灯しない場合、販売店、ディーラーにご相談ください。)
2. 再度、装着作業を行ってください。ダミーハーネスが抜けないようにテープなどで固定してください。またこのときダミーハーネスについているフューズも抜けないように固定してください。
3. ステアリングを装着して警告灯を確認してください。 上記の作業を行っても消灯しない場合は、車両のバラツキのため消灯できない可能性があります。
上記の作業を行っても消灯しない場合は、車両のバラツキのため消灯できない可能性があります。
【SRSカプラーの場合】
1. 純正ステアリングに戻して警告灯が消灯することを確認してください。(消灯しない場合、販売店、ディーラーにご相談ください。)
2. 再度、装着作業を行い、ステアリングを装着して警告灯を確認してください。
上記の作業を行っても消灯しない場合は、車両のバラツキのため消灯できない可能性があります。
Q : 交換後ステアリングの位置はどれくらい?
A : ステアリングホイールのデザインによって違いますがフラットタイプのステアリングホイールの場合、純正ステアリングとほぼ同じ位置です。(一部の車種でボススペーサーが必要な車種があります。)手前に近づけたい場合は別売のボススペーサーを使用してください。
Q : ステアリングを交換してもオートクルーズ機能は使えるの?
A : オートクルーズ車用ステアリングボスに添付されているホーンボタンで操作可能です。別のホーンボタンを使用する場合は、別売でスイッチキットをご用意しております。(一部の車両でオートクルーズ機能がご使用できなくなる車両があります。)
Q : 機械式エアバックと電気式エアバックはなにが違うの?
A : エアバックの作動方法が異なるため、形状がまったく違います。メーターのなかにエアバック警告灯があるものが電気式です。
Q : エアバック車用のステアリングボスはエアバックなし車に装着できますか?
A : 形状がまったく違いますので不可能です。もちろん逆も同じです。
Q : センターナットの締付けトルクについて教えてください?
A : 3Kg・mの締付けトルクを厳守してください。詳細につきましてはこちらをご覧ください。
Q : 「ガタがある」
A : センターナット/ボルトを締めないと固定はされません。センターナット/ボルトを規定トルクで締めてガタがないかチェックしてください。オーバートルクは、ボス本体の割れの原因になります。
Q : 「セレーション(スプライン)が合わない、入らない」
A : ボス品番が違う可能性があります。適合品番の確認をお願いします。
Q : 「ボスが奥まで入らない」
A : 規定トルクでボスを固定した後にウィンカーキャンセルピンがボスに届いているかご確認ください。ウインカーキャンセルピンがボスに届いていて、ウインカーが正常に作動する場合は装着に問題はありません。ウインカーピンの位置が違ったり、ボスまで届かない場合は、適合品番が違う可能性があります。ご購入店又は、カスタマーセンターにご連絡下さい。。
Q : 「セレーション(スプライン)の噛合いが足りない」
A : セレーション(スプライン)は、ボスの位置決めの為のものでボスを固定するものではありません。セレーション(スプライン)が噛合った状態で、センターナット/ボルトを規定トルクで締めけ、ボスが固定され、ウインカーが正常に作動すれば問題はありません。
Q : 舵角センサーのリセット方法を教えて下さい。
A : ・取り付け後60km/h以下で走行して直進を確認して下さい。
・上記作業終了後、バッテリーのマイナスとプラスの端子を外し1分以上経過してから、取り付けてください。(これによって、直進メモリーを再記憶させます。)

上記の作業でHICASランプが消灯しない場合は、ディーラーにご相談下さい
ラフィックスに関する内容 up
Q : ラフィックスは車検対応ですか?
A : ラフィックスは車検基準に沿った製品ですので、車検対応です。
Q : ラフィックスをつけるとステアリングはどれくらい手前にくるんですか?
A : ラフィックスの全長は約60mmです。ステアリングはノーマルボス装着状態から約60mm手前にきます。専用ショートボスとの併用により、20mm〜40mmコラム側に近づきます。(長さは品番で違います。)
Q : ガタツキはないんですか?
A : 新品装着時にガタツキは一切ありません。WRCなどの過酷な使用状況でもガタツキは一切出ていません。使用頻度により接続部の削れなどの製品寿命はございます。詳しい製品寿命は調査中です。
Q : メンテナンスについて
A : 本製品は無給油で使用することを前提に設計しており、油脂等は異物の付着を招き、製品寿命や作動に大きく影響を及ぼしますが、ボール部が鋼鉄製で完璧な防錆が出来ない事と、ボール部の磨耗による作動不良(引っかかり)が起きる場合があります。それらの予防と起きた場合の対処法として、パーツクリーナー等で磨耗カス等の洗浄を行い、綿棒でボール部のみCR-C等の潤滑材を塗布する事を推奨いたします。

注:塗りすぎに注意し、ボール部以外への給油は行わないで下さい。